画像 放送開始の経緯と現状・課題について


放送開始の経緯

グアムの短波放送局 KTWR局からの強い要請に応じる形で、
2014年3月30日から9月28日までの契約にて「KTWR日本語
DRM放送」を担当させていただきました。当初の予想に反し
多くの反響が寄せられ、DRM試験放送は無事に契約終了する
ことができました。
 
短波放送への取り組み継続については、多くの皆様方からの
「どのような形であっても、短波での日本語放送継続をお願い
したい」とのご要望を受けて、検討することになりました。
多くのBCLが熱望されたアナログ短波の場合、私共が負担する
経費はDRM放送の約5倍ともなるため、全く常識を度外視した
チャレンジとなりましたが、2014年11月2日からの半年契約
によるアナログ短波番組が、更新されながら現在に至ります。
 
各地のリスナーからは「ぜひKTWRフレンドシップラジオの
継続を!」との非常に多くの声が寄せられ続け、無線愛好家
やブロガーの皆様の働きかけも手伝って“潜在的なリスナー”
が、さらに増加傾向にあります。

番組の現状と課題

アナログ放送実施に際しては、番組スポンサーが参画することが
なかったため、弊社職員2名を通常業務に加えての兼務担当とし、
本来業務を妨げない形で、番組制作と番組運営を実施しています。
 
契約更新に当たっては、各所との調整が難航することも多くあり、
番組運営等を見直しながら対応しているものですが、番組の目的・
コンセプトが維持されることを優先に取り組んでいます。
 
例えば、A18シーズン以降の契約更新において、放送主体のTWR
から「毎週土曜日夜8時〜8時半に31mbでの放送を」との要請
がありましたが、番組コンセプト自体を維持できないためお断り
した経緯があります。
 
番組コンセプトを維持したままの番組放送枠を確保するためには、
送信アンテナのビーム調整が不能な送信機の 41mb・7.50 MHz
以外に、周波数の割り当てができないとの新事実が判明しました。
このため、法人負担コストの増大懸念は残りつつも、送信出力を
200kWに変更することで、北海道から沖縄エリアまでの受信状態
をある程度確保しながら、現状の放送曜日・放送時間・周波数で
番組が放送できている現状があります。
 
番組継続に必要な資金に関しては、送信出力が2倍になったこと
もあり、その経費捻出方法が、続いて大きな課題となっています。
弊社経済基盤は、キリスト教会からの献金に全く依存しておらず、
各種番組(テレビ・ラジオ等)の制作売上に依るものです。
経済状況の影響により、業務内容の見直しや優先業務選定を実施
することになりますが、2020年春以降のCOVID-19感染拡大が、
業績に大きく影響を及ぼしている現状にあります。
 
短波番組の継続については、各所との調整が常に必要となるため
一時的な短波業務の停止や番組の休止も視野に入れて対応します。
担当者による経費の一部負担などの流動的な要素も発生している
現状ですが、担当者の強い意志を尊いものとして受け止めながら、
その時点での最善がなされることを願っているものです。
今後ともBCL・無線愛好家・ブロガー諸氏の、ご愛聴とご声援を
よろしくお願い申し上げます。(2020年12月 ビー・ジャパン)